群青のマグメル~情報収集と感想

ウェブコミック配信サイト『少年ジャンプ+』で連載中の『群青のマグメル』を非公式に応援するブログです。

群青のマグメル 第10話振り返り感想 ~明暗分かれる

第10話 拾人の時 20P

原題:降临空想之国的拾人者(直訳:ダーナの繭に拾人者が降臨する)

前回はあれほど猛獣相手に活躍してみせた探検家達のうち3人があっさりエリンに殺されてしまいました。強身薬や個人の装備程度では対抗できないほどエリンは強力なのだと明示されます。しかもこの場面で出てくるのはエリンの中でも特に不気味な外見をした種族でなかなか恐怖心を煽られます。余談ですがこの2頭身タイプのエリンはおそらくシアバ類という名前の種族ですね。

前回気絶してそのままになっているボルゲーネフを除いて、打つ手の無いまま5人の探検家がエリンに囲まれます。そして状況をきちんと把握できないままむやみに逃げようとしたマックオレムと広はすぐに惨殺されてしまいました。エリンに死体を食べられてしまい、完全に生存の可能性が潰されるという描写もかなりエグいです。

反対に敵の正確な実力を分析できる一徒、冷静に現状を把握するキミアイオン、実力差を目の当たりにしつつも怯えず立ち向える蛍火の3人が生き延びています。2人の死に対する反応でもキミアイオンは広を一度は止めようとする配慮を見せ、蛍火は無策な2人に憤りを持ち、一徒は他人の死などどうでもよく自分の目覚めつつある能力にしか興味が無い、と3人の個性がよく表れています。

そのキャラの立った3人が絶体絶命か、となったところで救助の専門家であるヨウが登場します。前回は扉絵でしか出てない分、今回は薄暗いダーナの繭の中に天井を破って光とともに降臨するという印象深い出番となっています。

今回の扉絵は漫画で主人公がいつも同じ服装なのは同じ服ばかり何着も持っているからだという定番のメタネタですね。ヨウの場合はマグメル用の装備はともかく実は私服も何種類か持っていたりはするのですが。