群青のマグメル ~情報収集と感想

『群青のマグメル』と第年秒先生を非公式に応援

群青のマグメル第82話感想 ~先代の想い出

第82話 百年の先 16P

今回は本編に戻って第82話です。話も第81話の直接の続きです。ティトールが端末に描かせた自伝的な絵本の内容の詳細が判明します。

一族の想い出

主人公の妖精少女が父親の首を切断したのが明かされる第81話のヒキは衝撃的でしたが、今回はまず序盤のゆったりした内容から説明が始まります。ひたすらに「普通」の日常が続く部分は、エッチな本目当てだった青年は退屈に感じられたようです。日記に近いというのもいい意味ではないでしょう。ファンタジーの日常もの・生活ものはそれなりにファンのいる分野なので、ほとんど売れなかったのはアピール力含めティトールの実力不足が原因です。ですがその絵本で描かれている日常とは原皇ティトールがただの子供だった頃の日々であり、それを知っている身からするとノスタルジックな興味が強くそそられます。

ティトールの子供らしい体型や一族の友達と遊ぶ仕草、彼女の能力である仮面の構造に目覚めた様子、一族の親子らしい2人が手をつないでるところ。数々の挿絵には荒々しいタッチであるがゆえに想像力が掻き立てられ、切なささえ感じます。他人の受けを意識してデフォルメされていないからこその生に近い日々の細やかさや実感の描写は、フィクションという表向きのままでも一部の好事家にはたまらないものとなっていそうです。そちらに関心のない読者である若者も、クソ本と評価しつつも妙に惹きつけられるリアルさが心に残っています。

さらに、かつて侵略された一族の当事者が、自身を主人公のモデルにして今は失われた里の日々を描いたという点を踏まえて良いとするなら、その資料的価値は計り知れません。個人的に、今まで出てきたマグメルの秘宝の類の中では一番手に入れてみたいと思いました。

父親と先代原皇

あの惨劇の詳細も説明されます。ティトールの一族はかつて商売上手で富を持っていましたが、他の種族のエリンに侵略されたのです。富は全て奪われ、ティトールは家族も友人も全て殺されてしまいました。第71話によれば一族にはそれなりに生き残りがいるようですが、ティトールが助かったのは、彼女が一族の中で数千年ぶりに現れた構造者であり、侵略者にとっても利用価値があったためなのかもしれません。ティトールは全財産と切り取った父の首を侵略者に差し出して忠心を示し、配下に加わったようです。第81話を読んだときはティトールが父を殺害したのかと思いましたが、今回を読む限りでは侵略者に殺害された父から首を切断したほうが有り得そうです。

気になるのは家族を裏切って侵略者の側につくのにティトールがどの程度積極的だったのかという部分です。脅されるようなかたちで生き延びるために泣く泣く行ったのか、したたかに自分から強者に取り入ったのか。それは現在原皇として戦う彼女の思考にどう影響したのか、黒い目のヨウとともに逃避を続けた彼女とはどう違うのか。多くの点に関わります。また、この侵略者が先代かつ初代の原皇の率いるフォウル国やその前進だったのかも気になるポイントです。もしそうなら、一族や家族に害をなした彼に対するティトールの憎悪は相当なもののはずで、自滅した先代原皇としての彼に対する侮蔑やわずかにうかがえる思慕をあわせて考えると、かなり複雑な感情が渦巻いていることになります。ただし、侵略者をさらに侵略し、ティトールを開放したのが先代原皇である可能性もあります。この場合、かなりストレートにティトールは先代原皇を尊敬していそうです。

先代当主への贈り物

現在ティトールは2人の神明阿当主と戦うので精一杯ですが、さらにもう1名加わるようです。新たに目覚めた神明阿ヘクスは、第46話の当主たちの顔と照らし合わせる限りでは210代目でしょう。209代目の神明阿アススの次の代です。神明阿一族は複数の候補の中から当主を選ぶようなので、ヘクスがアススの息子や孫とは限りませんが、2人に面識はあると考えられます。現にヘクスはアススに対して何らかの思い入れがある様子を見せています。ティトールがアススを不意打ちで攻撃し殺害に大きく関与した件が、複数人での攻撃に加わることにヘクスを踏ん切らせたようです。ヘクスはティトールとの戦いをアススに贈るつもりです。

現状ティトールは絶体絶命ですし、この場の全員がそうですが、どんな末路を迎えようと自業自得です。それもあって彼女が現在人界で端末に描かせている絵本の続きには遺言めいた思いが加わっていそうです。しかし美しく死ぬのも悪者の魅力ですが、彼女の性格からすれば汚く生き延びても魅力を見せられると思います。何よりここでティトールに死なれるとゼロの体が維持できないので、ティトールにはどうにか再び生き残って欲しいですね。

群青のマグメル第0話感想 ~振り返る

第0話 因 10P

今回は第0話で、10Pです。中国では先日第年秒先生の微博にて、最近執筆ペースが不安定になっている理由とそれを解決する目処が立った旨がアナウンスされていました。イレギュラーだろう話数とページ数ではありますが、アニメ放送直前の今は物語の始まりを確認するのにうってつけの時期でもあります。

重要な登場人物ながら謎の多い「彼」の内面が明かされます。

因果の出発点

第52話でヨウの脳裏に再生された他の誰かの記憶、それがその「誰か」の視点で語られます。「誰か」とは第33・34話で因又(インヨウ)と呼ばれていた黒い瞳のヨウ、いつものヨウとは別のヨウです。彼はクー・ティトール・オーフィス・トトをすでに失っていて、最後の家族であるゼロさえ眼の前で亡くすという悲劇に見舞われました。周囲の様子からすると広範囲、あるいは世界全体で空間崩壊が起きたようで、逃れられたのは因果限界で空間転移できる黒い瞳のヨウのみです。おそらく神明阿一族が聖心を手に入れたことによる文字通りの世界滅亡の結果でしょう。ノイズまみれの黒いコマ、足のクローズアップのコマからひとりぼっちで空白へ向けて遠ざかる後ろ姿のコマへの移行、いずれも彼の喪失感をこれ以上無く伝えてきます。そこから思い直し、新たな可能性に向かってもう一度歩き出す決意の瞬間も、生命力の感じられる美しい風景によって静かながら力強く胸を打つ場面となっています。そして彼がもうひとりの彼と出会う瞬間、つまり拾因がいつもの金の瞳のヨウと出会った瞬間が、拾因の視点からも改めて描かれます。

拾因の正体とはやはり黒い瞳のヨウでした。彼の心情はこれまでに断片的に示されていた内容からおおよそ察することはできていたとはいえ、ようやく彼の本心を彼自身の視点から知ることができたことには、しみじみと感慨深くなるものがあります。彼がヨウに託さざるを得なかった使命や希望の重みも改めて心に染みます。『群青のマグメル』は設定面ではまだわからない部分ばかりですが、今まで読み続けてきて良かったと確かに思える内容でした。

世界と3人の因又・拾因

ヨウが複数存在するのは他の世界が存在するためだと以前から推測できていた通り、ようやく別の世界の存在が明言されました。かつて滅んだ黒い瞳のヨウの世界と、いつもの金の瞳のヨウの世界という、少なくとも2つの世界が存在するのは間違いありません。さらに世界について考えるにあたっては、今回は描写されていない第53話の遥かのマグメル深部の、ヨウと同じ身体的特徴の少年の存在も思い出す必要があります。この少年はいつものヨウではなく、全く事情を知らないと思しい様子から黒い瞳のヨウ=拾因でもありません。彼は第58話でいつものゼロと同じ身体的特徴の少女から「ご主人」と呼ばれており、2人は第10.5話のゼロ・「ご主人」と同じ服装をしています。ヨウに類する存在が3個体確認できることになります。ここで問題となるのは同じ人間が3人いるなら世界も3つかそれとも2つか、いつものヨウと遥かのマグメル深部の少年が存在するのは違う世界か同じ世界なのかという点です。

世界と3本の鍵

手がかりとして注目すべきはやはり念動結晶でできた黒い鍵でしょう。トト・ビックトーの父であるオーフィスが宝探し用の宝を用意するためにつくったあの宝箱の鍵です。①いつもの世界のオーフィスは世界に1つしかないという黒い鍵をトトに渡しました。黒い瞳のヨウの世界のオーフィスは鍵をヨウ・ゼロに渡し、それは身につけていたゼロが亡くなる瞬間にヨウの元へ紐の一部を付けたままちぎれ飛びました。②そして拾因は世界を超え、その遺体のそばから紐のついた鍵をティトールが拾い、ヨウに渡しました。③同じく紐のついた鍵は、遥かのマグメル深部の少年も持っています。この少年と同一個体の可能性が高い第10.5話の「ご主人」は、今は行方不明の古い友人からこの鍵をもらったといいます。
また、紐のついた2つの鍵のどちらかは完全構造力による複製だと、第65話でヨウは推察しています。この回では鍵と世界についてのより核心的な言及もあります。

「こうしていると確かに他の結晶の存在を感じる トトが持っている鍵を含めて三つ…」
「二つ目は宝箱 残る一つは3本目の鍵…」

このヨウのセリフを最初に読んだときは、遥かのマグメル深部はいつもと同じ世界に位置する可能性が高いと思っていました。もしあの少年が別の世界にいるのに鍵の存在を感知できるのなら、他の世界の宝箱も同じように感知できるだろうと考えたからです。しかし黒い瞳のヨウの世界は空間ごと破壊され、当然宝箱も完全に破壊されたはずです。さらに遥かのマグメル深部の少年の世界にはビックトー親子が存在しない、もしくは宝箱がつくられなかった可能性もあります。ならばいつもの世界と遥かのマグメル深部が別の世界でもおかしくはありません。第10.5話の「ご主人」とゼロが拾人館を営んでいる点を考慮に入れるなら、別の世界であるほうが自然でしょう。この場合、今回の8P(アプリの表示では9P)の「彼と彼の世界が残ってる」とは、「彼」と「彼の世界」でなく、「彼と彼」の「世界」、つまり彼(=いつものヨウ)の世界と彼(=遥かのマグメル深部の少年)の世界が残っているという意味になります。

ただ一人の因又

どちらが正しいにせよ、「ただ一人運命を許された君に」というのですから、運命を変えられるのがいつものヨウだけなのは間違いありません。いつものヨウと遥かのマグメル深部の少年には何か運命改変に関わる違いがあるのでしょう。その理由の可能性としては構造能力の違いがひとまず思いつきました。黒い瞳のヨウ=拾因は、現実構造と、神の見えざる手と因果限界という2つの幻想構造、合計3つの能力を使用できます。そうした摂理を超えた構造が可能なのは、自分の構造の理解を通じて別の自分の構造を理解したためだという仮説が立てられます。仮説に仮説を重ねることになりますが、いつものヨウがベースとしては現実構造者であることが、例えば完全構造力の操作などで何か決め手となるのかもしれません。ただし確信の持てる答えはまだ思いつかないので、今は素直にこの先の展開を心待ちにしたいところです。

TVアニメ『群青のマグメル』の公式最新情報ページ

TVアニメ『群青のマグメル』公式サイトが本格稼働し、公式情報ページも開設されています。それに伴い重複する情報をこのサイトにて取り上げることは終了いたします。

gunjyo-magumeru.com

群青のマグメル第81話感想 ~正史には残らぬ

第81話 物語達 16P

扉絵はバトンリレーをする第年秒先生の漫画の主人公たちです。1人目は日本語未翻訳の『長安督武司』の雲心暁、2人目は『5秒童話』の童、3人目は『拾又之国(群青のマグメル)』の因又(インヨウ)です。4人目にはちょっと見覚えがありません。もしかしたら構想中の新作の主人公なのでしょうか。

ティトールがメインとなる回です。彼女の視点で、戦いの場である2つの舞台の現状について整理されるとともに、もうひとつの舞台での新たなドラマの始まりが描かれます。本編の最初のページで3つの舞台すべてが示されています。

戦場を物語る

まずティトールのモノローグによって現状の詳細が解説されるのは、第80話の続きであるヨウ・クー(・ゼロを端末としたティトール)対黒獄小隊の戦いが始まる寸前の泡沫の遊びの内部の様子です。ここでティトールはさしあたりこの戦いの傍観者となることを選びます。ゼロの体の構造力は封じられており、体調も悪く、黒獄小隊と戦っても力を浪費するだけと考えたためで、賢明な判断と言えるでしょう。

また、本体は第78話から続く神明阿当主との2体1の戦いの当事者となっている真っ最中であり、無駄に構造力を使う余裕がない状況でもあります。とはいえ消耗した状態から人類最強の当主2人を相手に互角のラウンド2を繰り広げられるのですから、改めてティトールの最強生物としての格を思い知るばかりです。自分が把握していない情報の存在を意識している点も含め、お互いの手札を読んだ上でティトールは最善の判断を下そうと努めています。しかし、そうした策略を超えて、ひたすらに闘うことに喜びを見出す獰猛な戦士としての顔を見せる彼女もまた、実に魅力的でした。美しさと凄みのある一瞬が切り取られたコマでの表情が素晴らしいです。

作者と読者のロマン

3ヶ所目の舞台は前の2つとは違い現状は平穏そのものの人間界です。第78話のラストでティトールの端末である人間の女性に声をかけようとした若者は、実は彼女を通じティトールが描いた絵本のファンだったのです。2人は他所での激闘が嘘のように静かな会話を交わすことになります。おそらく気晴らしにわずかな絵本を出しただけの作者と、技術はさておきその世界観に惚れ込んで憧れた読者が、偶然に街中で出会うというシチュエーションはなかなかに運命的です。男女とは言っても直接的な色の匂いは薄いのですが、だからこそのロマンを感じます。

ティトールは元から口が悪く、若者は悪気こそなくとも舞い上がっており、2人とも相当に言葉にすべきでないことを言葉にしているものの、その粗雑さが落ち着いたムードと不思議と調和しあって独特の雰囲気が醸し出されています。ノワールものや任侠的もとい武侠的な、無頼を背景とした物憂い甘やかさを含んだ空気感です。定番的ですが、ラーメンカフェの出際にティトールが言った「次があったら」などはやはり格好良いセリフです。

裏社会という意味でいえば、ティトールはまさに人間の歴史から隠蔽された裏の世界における、敗戦した自国にて力で成り上がって頂点に至った武装集団の頭目になります。会話の相手が真実を何も知らない無力な堅気の人間である点も、不釣り合いで儚い交流であることを印象付けるお約束のスパイスです。

おとぎ話の真実

しかし最後のページにて、偽りの立場という後ろ暗さに引き立てられたロマンチックなムードは、妖精少女の絵本というメルヘンの内に歪められた凄惨な現実の示唆へと突如反転します。

第68話以来引っかかっていたあの幼いティトールと生首の男性の関係がついに明かされました。生首が彼女の父親のものなのは予想できる範囲でしたが、殺害したのが彼女だというのには本当に驚きました。当時の彼女の家族になにが起きたのかに興味を掻き立てられずにはいられません。父殺しを経た彼女が先代原皇の自滅していった時に部下として彼を救えず、やがて2代目原皇の座を手にするに至ったという、その経緯の詳細と心情も知りたくなりました。

また、絵本にすることで自分から切り出そうとした彼女の恐ろしい過去が、マグメル、とりわけフォウル国でどう扱われているのかも気になります。おそらくは輝かしい指導者の汚れた過去として側近により隠蔽されている、あるいは彼女自身が傷として隠そうとしているものなのではないでしょうか。だとするならわざわざ人界で隠れて絵本として表したことがうなずけるような気がします。隠したいが隠し続けるのは辛いというジレンマから、抱えきれない感情を創作物として昇華する行為はさほど珍しくないからです。ただ、ティトールの過去があの世界で明かされているにしろ隠されているにしろ、『群青のマグメル』の読者としての視点を与えられた私たちは、近いうちにその痛ましい真相へ直面せざるを得なくなるのでしょう。

史上最弱英雄伝説感想 ~英雄の条件

『史上最弱英雄伝説』(原題:史上最弱英雄传说)は第年秒先生が2012年に中国で前後編に分けて発表した読切です。その時は24P目(アプリ上の表示で25P目)が区切りになっていました。中国の紙媒体の漫画で一般的なフルカラーで左から右に読み進む形式です。以前は中文版もウェブ上で公開されていたのですが、第年秒先生の所属の変更により、現在は非公開となっています。

絵・演出・構成と多くの点で完成度が高い読切です。スケジュールに余裕のある時に描かれたらしく、タッチが非常に繊細です。3人の能力者の個性と、主人公の2つの夢、そのすべての要素がストーリーにきれいに組み込まれています。ただ良くできているだけでなく、コメディパートでは元気のいいギャグも多いので、楽しく読み進められます。『群青のマグメル』の翻訳と同じくこの作品もギャグに日本語版のアレンジが多く加わっており、個人的にはツボが合うので、自然にクスリとできるのが嬉しいです。バトルパートで敵のヤクザが鏢を武器としているのも興味深いです。これはリアリティよりもカンフー映画などの流れをくんだエンタメ要素でしょうか。

3人の能力者とヒロイン

U級クラブの3人はそれぞれのキャラ立ちにも凸凹の噛み合い具合にも躍動感があります。唐開元はいい意味での普通の少年らしさと元気の良さがいかにも少年漫画の主人公らしく、好感が持てます。仲間たちも、一見線の細そうな花雲明の本当の強みが女体化能力よりむしろ武術の方であったり、ギャグキャラ風の外見・言動・能力の裴一本がMVP級の活躍をしたりといった意外性で印象が深くなっています。ヒロインの曲霊霄も美人系な外見としっかりした言動に、はちきれそうな若々しさが同居していて魅力的です。第年秒作品の女性キャラの中で、お姉さま系でない主人公と年齢の近いメインヒロインとしては、プロポーションも露出も贅沢仕様で希少価値を感じます。ちょっとちゃっかりしていそうな所がなお良いです。歌唱シーンの息を呑む空気感の表現が前半のハイライトですね。

2つの夢と英雄

世間に超能力の存在を証明し彼女をつくるという唐開元の2つの夢は、彼が英雄となったことである意味叶い、ある意味叶わなかったと言えます。

コメディタッチの前半から一転、爆弾の予期せぬ起動から曲霊霄や仲間を守るため、唐開元が自分の能力を活用し自己犠牲を図るシリアスな展開へ突入するダイナミックさには思わず引き込まれました。謎めいた冒頭のシーンに繋がる定番の構成もよくできており、唐開元の視点にちゃんと感情移入できているので作り物めいた陳腐な感じを受けません。ただ、そのままどんでん返しも無しに唐開元が死んでしまった点には、正直面食らいました。曲霊霄にとって唐開元が忘れられない人になったのは間違いなくとも、辛い思い出も残すことになってしまい、割り切れない気持ちを感じます。事件がテレビによってもみ消されてしまい、真実を知る一部の超能力者によってのみ語り継がれるという結末も相当にビターなものです。いざという時にためらいなく他人を優先できてこそ真の英雄であり、世間から忘れ去られた者の中にこそ真の英雄がいるというのは確かにある種のロマンではあるのですが、あくまで個人的にはですがもう少し甘めの結末や主人公の未来を見たかったという思いがあります。

英雄の系譜

根本的には個々人の好みの問題でしかありませんが、日中での少年漫画の英雄像の違いや、あるいは第年秒先生が熱心なファンであるアメリカンコミックスのヒーロー・スーパーマン、英雄・超人像との違いは、結末の捉え方に多少関わってくる要素かもしれません。そういう意味では、第年秒先生は武侠漫画も手がけているだけに、しばしば破滅的でさえあるアウトサイダーのロマンも魅力のひとつとする中国の好漢や英雄の影響が、本作にあると考えてみてもおかしくはないでしょう。また、超能力者と世間の関係などは、X-MENなどのアメリカンコミックスのミュータントを扱った作品の文脈とも通じるところがあるように思えます。

さらに、本作は2012年に発表された作品であり、第年秒先生のキャリアの中でも比較的初期の作品です。これ以後も、2012~2014年に描かれたらしい『ハイッ! ホイッ!! ホワァタァ!!! ~巡る因果の狂騒曲~』(原題:喝!哈!啊哒!)や、2013年の『追想フラグメント』(原題:二想)、2014年の『5秒童話』など、第年秒先生の読切・中編は作中の重要な転換点に主人公やヒロインの身投げを採用するものが少なくなく、その上でいずれも死亡には至らなくなった点は見逃せません。特に『5秒童話』は、マンションから突き落とされた主人公が誤解からヒロインのために死を決意するものの、落下中に誤解に気付き、ヒロインを救うヒーローになろうと生存を図るストーリーです。『ハイッ! ホイッ!! ホワァタァ!!!』の作者コメントではそちらの作品を『5秒童話』の着想元のひとつとして挙げているとはいえ、『5秒童話』の一側面に『史上最弱英雄伝説』のテーマの発展形を見出すことはあながち的外れではないはずです。メタ的な見方ではありますが、そう整理することで個人的にはこの作品の苦味を飲み込めるような気がします。ただし、『史上最弱英雄伝説』が『史上最弱英雄伝説』として独立したひとつの作品であることはいうまでもありません。もし現在は同じテーマを描くつもりはないとしても、本作の驚くようにほろ苦い物語こそが、当時の第年秒先生が描こうとし、そして描いたものだったのです。

TVアニメ「群青のマグメル」の放送日時発表

gunjyo-magumeru.com

 

TVアニメ「群青のマグメル」の放送日時が発表されました。

  • 4月7日 日曜日 22:00~
  • BSフジ
    4月8日 月曜日 24:00~

群青のマグメル第80.5話感想 ~素質

第80.5話 戯れに我もやってみた 22P

今回はギャグの番外編です。時系列的には第32話と第35話の間に起きた出来事だと思われます。次回の3/5は第年秒先生の特別読切掲載ということなので、『群青のマグメル』本編第81話の更新は3/19になるそうです。

また、アニメの放送を前に、電子版でのコミック発売が発表されました。扉絵に小さく掲載されているコミックの表紙が格好いいです。

 

なんというか、普段自分がやらないことに挑戦してみて、それを他人に見られて変な空気になると本当に恥ずかしくなっちゃいますね。あえてやらないんだという態度を取りつつも、内心ちょっと憧れがあったようなことを見様見真似でやったのならなおさらです。でも後々に振り返ってみればこうした赤っ恥もいい思い出になったりするものなので、クーには自分には向いていないと下手に意固地にならず、これからも時々はヨウたちと羽目を外すことにも挑戦していってもらいたいです。クーの踊りについてうかつに触れると、持ち上げるというより晒し上げることになってしまいそうで気が引けるのですが、顔も動きも表情豊かで面白かったです。いつもお高くまとっている生意気な若造が謎の踊りに没頭しているのを目撃してしまった強者会の反応とセットでいい味が出ています。フリが長くて濃い分、インパクトは強くても浮きがちなヒドい顔芸も全体とうまくマッチしていると感じました。

一方で、クーに踊りを見られても全く気にしていなかったヨウとゼロは、エミリアに見られてもやはり楽しそうに踊り続けています。天然のボケというかこれが2人の素なのでしょうね。他人の目を気にするより自分たちが楽しくて納得できればそれで良いタイプの人間です。この段階では波乱込みで安定した生活を営んでいたとはいえ、2人とも過酷な過去を持っていますが、気に病んだり乗り越えるよう気負ったりするよりも自然体で受け入れていたのだと思えます。他人への警戒心がわかりやすいゼロでさえ拾人館の助手として他人と関わっていましたし、飄々として他人との距離を取るのがうまいヨウも、簡単には内心を打ち明けないこと込みで世渡り上手な自分の素質に自信を持っています。ヨウの生存力の強さは拾人者として、そしてこの漫画の主人公として核になる部分ですね。この2人と、拾人館の一員ではなくとも、知人として親しくしていたエミリアが久々に少し登場してくれたのも今回の嬉しいポイントです。